GREETING

代表挨拶

乳がんに負けない世の中に


協会代表理事 丸山 裕美
 
 ​早くも創立してから2年が過ぎました。私たちがこうやって活動し続けていられるのも皆さまのご助力のおかげです。この場をかりて御礼申し上げます。
 
全ての女性が等しく医療を受けられるために、という思いから当協会は発足しました。ピンクリボン運動が発足してから今日、多くの方々に認知はされてきたものの、実際の検診率はいまだに低いままです。当協会の代表理事二人は今現在放射線技師として働いており、実際の現場でマンモグラフィを撮っています。今までで数千数万の画像を撮り、たくさんの検診者様とお会いしてきました。それだけに、もっと早く病院に来てもらえたら…と思う場面がいくつもありました。
 
 まだ若いからと、乳がんはある程度年をとってからなるものだと思っている方がまだ多くみられます。現場の意見として言わせていただくと近年は30代の乳がんが増えてきたように感じています。
 
 私達は放射線技師として、みなさんが病院に来てくれたなら一生懸命検査をしてあげることができる、でもそれ以外のことはできません。来てくれるのを待つだけ。それがとても歯痒かったのです。実際患者会にお顔を出して、医療人だから、健常者だから私たちの気持ちなんてわからないから来ないで、と言われたこともあります。共感、と言われると本当の部分では出来ないのかもしれません。でも共感できることって、私生活のことだったり、子供などの事でも出来るお話ってあると思っています。実際がんになったらどうすればいいの?なんてお声もたくさんお聞きします。お聞きした医療情報を正しくお伝えすること、などなど私たちが手伝えることって、絶対なにかはあると思うんです。
 
 何か出来ることはないか。 この熱い思いを持ったものだけが集まり、この協会は始動致しました。 医療従事者も、他業種も、企業も国も、主婦も学生も、全ての人が予防医学への関心を高めていけたらといいなと思っています。 乳がんで悲しむ人を一人でも救うために。
 
 至らぬ点もまだまだ多いですが、なにとぞよろしくお願い致します。
 
 
 

すべての女性にブレストアウェアネスを


協会代表理事 野澤 亜樹
 

「すべての女性にブレストアウェアネスを」
これが昨年度から引き続き今年度も乳がん予防医学推進協会の基本理念です。
 
 普段私は診療放射線技師として勤務しており、乳がん診療や検診等に従事しております。日々勤務しているなかで乳がん検診を受けず、受けられずで自覚症状が出てから外来受診された30代ー70代の女性たちが検査の結果乳がんとわかって涙する姿を幾度となく見続けてきて「このままではいけない。」と常々思っていました。

 そんな時アメリカ在住、乳がん再発の日本人女性が 子の生活費と学費が心配で自身の治療に専念できない。治療に専念するためにファンディングを募っていたことがきっかけで(その彼女は私の親友の職場の同僚でした) 私は彼女をファンドする資金を作ろうと思い、何か出来ないか?と色々模索していましたが、その最中彼女はこの世をさりました。
 
「乳がんで悲しい思いをする人を減らしたい」
そんな思いから一般社団法人 乳がん予防医学推進協会を立ち上げるにいたりました。

 私は医療従事者なので、私達が守っているのは「命」だと思っています。
「命」を守るということはそのままその人だけでなく、その人の周りの「未来と可能性と笑顔」をも守る事だと思っています。
子を持つ母親として、働く女性として、乳がん検診に携わる医療従事者として多角的なアプローチによって啓発、受診環境整備、がん教育を同時に行ってくことで乳がんの早期発見につなげていけるように活動をしてまいります。
 
 

お問い合わせ

CONTACT

一般社団法人 乳がん予防医学推進協会

所在地:〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7階

連絡先:045-900-1296(平日13:00~18:00) 
※土・日・祝日 休業